HOMEクラブ馬簡易分析リストI理論配合分析競走馬選定コンサルティング繁殖牝馬適性診断馬主登録サポート
 
 ▼競走馬選定・サービス概要

 I理論による配合分析を基礎として、スピード要素・スタミナ要素の質による日本の馬場への適性や開花難易度、預託予定厩舎の傾向・実績、さらに母系の質などを加味して、独自に6段階に分けて設定した活躍期待値(=競走馬血統レイティング)を判定します。その上で、購入馬選定についてのアドバイスをさせていただきます。

 お客様ご指定の候補馬からの選定、セリ名簿や生産名簿からの選定、あるいはセリ名簿の中から特定種牡馬を指定した選定、月極での定期コンサルティング契約など、さまざまなご要望にお応えします。

 「競走馬血統レイティング」の特色は、先述のようにI理論による配合評価だけでなく、それに加えて日本の馬場適性や開花難易度、厩舎傾向・実績などの要素まで、1つの指標の中に取り込んだことにあります。これにより、お客様にとってよりわかりやすく、よりダイレクトに現実の競走成績に結びつく可能性の高い評価基準になっています。

 例えば、ある配合がスタミナ系に偏り過ぎていた場合、I理論では高評価を得ても、実際には未勝利〜500万クラスで頭打ちという例はかなり多くなっています。逆に低評価馬でも、スピード優位の仕上げやすい配合馬は結果がでやすいという傾向があります。

 そこで「競走馬血統レイティング」では、開花させやすい血統構成であったり、所属予定厩舎の傾向と配合的傾向が合っているようならば、I理論評価が低くとも、「競走馬血統レイティグ」の数値は高くなるように評価基準を設定してます。それとは逆に、スタミナに偏った配合馬の場合、I理論の配合評価と比べて相対的に低い数値に抑えられることになります。

 ただ、これでもまだ現実の競走実績との間に溝が発生することは否定できません。それを補完する意味で、やはり実馬のチェックは欠かせないでしょう。この「競走馬血統レイティング」と「実馬チェック」を組み合わせることにより、事前の活躍期待値と競走成績の関連性はかなり高めることができると考えています。

 なお、I理論では牡馬でも牝馬でも全兄弟ならば評価は同じになりますが、実際には牝馬と牡馬では配合的な活躍傾向も違いますので、「競走馬血統レイティング」 の指数では多少の違いを生じる可能性があります。


 ▼コンサルティングの流れ

 競走馬選定コンサルティングをお申込みいただき、診断対象とする馬の範囲・頭数が確定しましたら、ご請求書をお送りします。最初に診断料をお振り込みください。

 ご入金が確認でき次第、診断作業に取りかかります。納期につきましてはご相談に応じますが、通常は5頭ですと3日程度、10頭ですと1週間程度、30頭ですと2週間程度のお時間が目安となります。診断頭数が多い場合には、早目のお申込みをお願いします。

 診断書の納品後には、事務所での面談、電話、文書、メール等により、個々の馬の評価内容や価格とのバランス、そして最終的な購入馬選定についてのアドバイスをさせていただきます。

 なお、セリ名簿や生産名簿に掲載された全頭からの選定作業など、診断頭数が極端に多くなる場合はご相談ください。受注内容に応じて個別に、診断書の作成方法のご提案や診断料金のお見積りをさせていただきます。




■I理論とは

 当サービスの中核をなす配合分析手法「五十嵐理論(=I理論)」とは、在野の血統研究家である故・五十嵐良治氏が、10数年の歳月をかけて内外の文献やデータにあたり、独自の見解を取り入れて構築された《サラブレッドの競走能力の遺伝に関する法則》を指します。

 五十嵐氏は、「父の血統と母の血統に存在する同一の祖先」(=クロス馬)に着目し、世界的名馬ミルリーフをはじめ、リボー、シーバード、日本でもテンポイント、トウショウボーイなど、数々の一流馬の血統を調査。それも5代以内のいわゆる「インブリード」にとどまらず、各馬の血統を6代・7代・8代・9代とたどり、同一の祖先を抽出していきました。

 その上で、血統表中のクロス馬の出現状況を詳細に検証し、名馬のクロス馬の配置に共通する、ある一定の法則性を見い出しました。それらを分類・整理する一方で、未勝利馬など非良績馬の血統も調査し、その結果、両者の間には明確な差異があることを発見したのです。

 五十嵐理論(=I理論)とは、このような膨大な数におよぶ馬たちの血統調査・検証を経て体系化された、それまでにはなかった独自の『クロス馬分析』による配合分析手法です。




© Tan Kian Khoon - Fotolia.com



診断書サンプルデータ

  競走馬血統レイティング診断書(PDF)

※診断書の内容・記載される項目等は、予告なく変更することがあります。ご注文の際には必ずご確認ください。




評価ランクと中央競馬でのクラスの目安
(全診断馬の中での想定分布割合)

 Sランク = G1〜重賞・オープンクラス
 (2%)
 Aランク = 重賞・オープン〜1600万クラス
 (8%)
 Bランク = 1600万〜1000万クラス
 (15%)
 Cランク = 1000万〜500万クラス
 (25%)
 Dランク = 500万〜未勝利クラス
 (35%)
 Eランク = 非推奨レベル
 (15%)



競走馬選定コンサルティング
基本料金表(税込)

(予告なく改定することがあります)

  (受注頭数)
  1頭  12,960円  単価12,960円
  2頭  25,920円
  3頭  38,880円
  4頭  51,840円
  5頭  64,800円



■サービス利用規約・免責事項
1.競走馬選定コンサルティングサービスは、各馬が診断結果通りの素質や競走能力を有すること、および実際のレースにおいて、診断結果通りの競走成績を残すことを保証するものではありません。
2.当事務所で診断した馬について、購入後に馬体・脚部の瑕疵または悪癖等が見つかった場合でも、当事務所は一切責任を負いません。
3.やむを得ない事由がある場合を除き、診断作業開始後のキャンセルには応じられません。
4.一旦お支払いいただいた料金は、作業の失念または意図的な作業遅延など、明らかに当事務所の責めに帰すべき事由がある場合を除き、返金には応じられません。
5.お届けした診断書は、お申込みいただいたご本人様のみがご利用できます。診断書の二次使用、無断コピーおよび配布、不特定多数が閲覧できるインターネット上サイトに掲載する等の行為は固く禁止します。
6.当サービスをお申込みの際は、上記の各条項に同意したものとみなします。