HOME  |  血統情報  |  クラブ馬簡易分析  |  I理論配合分析  |  種牡馬選定  |  繁殖牝馬診断  |  馬主登録

 

『Weekly 血統リポート』
      2024年4月18日号発売中!

【コンテンツ】
■新馬・未勝利戦勝ち上がり馬(4月13日〜4月14日、28頭)の配合評価&9代分析表
■2・3歳特別レース出走馬評価一覧(フローラS、新緑賞、あやめ賞)

価格=1,100円
※2024年5月31日以降=1,200円




 6月の2歳新馬戦開幕から日本ダービー開催までを1つのサイクルとして、毎週発行いたします。前週の2歳・3歳の新馬戦・未勝利戦勝ち馬評価と9代クロス馬分析表に加え、2歳・3歳特別レースが組まれている週には、その出走確定馬の配合評価一覧を収録します。

※6月以降の3歳未勝利戦勝ち馬については、短評を省略した評価データを掲載。また、3歳特別レースの評価掲載は日本ダービー開催週まで(3歳限定重賞レースは菊花賞まで)となります。

※変則開催の場合を除き、毎週木曜日の夜に販売を開始する予定です。
※商品内容や販売時期、価格等は変更になる可能性がありますので、ご了承ください。




新馬戦勝ち馬配合評価(簡易版)

3歳新馬戦はすべて終了しました。
このコーナーの更新は2歳新馬戦の開始までお待ちください。
 



2歳・3歳重賞レース上位馬配合評価
(G1=5着、G2=3着、G3=2着まで)

皐月賞・G1・芝2000m

1着
ジャスティンミラノ 牡
父キズナ
母マーゴットディド/Exceed And Excel
評価 A 中距離 芝○ ダ□
@○ A□ B□ C○ D○ E□ F□57 G○ H□ I□ J□ 日本適性△ 成長力○
Northern Dancer5・6×4・5・5の系列ぐるみにより全体をリード。これにSir Ivor6×5の系列ぐるみが続き、主導の明確性や祖母内Shareef Dancerへの血の集合力を備えた点が見どころ。生きている血の傾向から、上位クラスでの瞬発力勝負にやや不安はあるが、生きている血の質は高く、好調期に長く良い脚を使えるタイプ。

2着
コスモキュランダ 牡
父アルアイン
母サザンスピード/Southern Image
評価 C 中距離 芝○ ダ□
@○ A□ B□ C□ D□ E□ F△60 G□ H□ I□ J□ 日本適性△ 成長力□
Halo4×4の系列ぐるみを主導として、Northern Dancer、Sir Ivor、His Majestyなど通じて良質なスピード・スタミナをアシスト。欧米の血が入り混じり、スピードの引出しに手間取るタイプで、硬い馬場の瞬発力勝負は割引が必要。とはいえ、生きている血の質は良く、きっちり仕上がった際のしぶとさを秘めた芝中距離タイプ。

3着
ジャンタルマンタル 牡
父パレスマリス
母インディアマントゥアナ/Wilburn
評価 B 中距離 芝○ ダ○
@□ A□ B□ C□ D○ E○ F□49 G□ H□ I□ J□ 日本適性□ 成長力□
Mr. Prospector4×5(中間断絶)を呼び水として、影響度数値FABDとバランス良くまとめられた形態。主導の明確性を欠くなど際立つ個性・迫力はないが、「49」と比較的少ないクロス馬で大きな不備を生じずにまとめられた点は見どころ。ダート中距離適性が備わり、芝も平均ペースや時計を要する馬場ならこなせるタイプ。

4着
アーバンシック 牡
父スワーヴリチャード
母エッジースタイル/ハービンジャー
評価 B 中距離 芝○ ダ□
@□ A△ B□ C□ D○ E○ F□57 G○ H□ I□ J□ 日本適性△ 成長力□
サンデーサイレンス3×4(中間断絶)を呼び水として、Lyphard5×5・6、Hail to Reason5・8×6・8の系列ぐるみにより全体をリード。NijinskyやLe Fabuleuxのスタミナを補給。シンプルさを欠くため仕上げにくく、硬い馬場への対応もやや不安だが、血の質の良さは魅力。平均ペースや少し時計を要する芝中距離が合う。

5着
シンエンペラー 牡
父Siyouni
母Starlet's Sister/Galileo
評価 S 中〜長 芝○ ダ□
@○ A□ B□ C□ D○ E□ F○47 G○ H□ I□ J○ 日本適性△ 成長力○
Northern Dancer5・5×4・6・7・7の系列ぐるみを主導として、Mr. Prospector、Buckpasserなど米系スピード・スタミナをアシスト。「47」という少ないクロス馬で父母のキーホースがしっかり押さえられた点に妙味がある。硬い芝への適性に不安は残るが、凱旋門賞を制した全兄Sottsassの実績が示す通り優秀な配合馬。


アーリントンカップ・G3・芝1600m

1着
ディスペランツァ 牡
父ルーラーシップ
母ルパン2/Medaglia d'Oro
評価 A 中距離 芝○ ダ□
@□ A□ B□ C□ D○ E○ F□57 G○ H□ I□ J□ 日本適性△ 成長力○
Northern Dancer5・6・6・8×5・5の系列ぐるみを主導として、His Majesty−Ribot、Buckpasserクロスが加わり、強調された祖母内デインヒルのスピード・スタミナをうまく再現。母系Arriveの傾向から硬い馬場に適した内容とはいえないが、平均ペースの芝中距離に向き、使われつつ徐々に成長する期待が持てるタイプ。

2着
アレンジャー 牡
父リアルスティール
母キーウエスト/ネオユニヴァース
評価 C マ〜中 芝○ ダ□
@□ A△ B□ C□ D○ E□ F□51 G□ H□ I□ J□ 日本適性□ 成長力□
サンデーサイレンス3×3(単一)を呼び水として、Northern Dancerクロスを伴うLyphard5×3により全体をリード。祖母の血が古く世代ズレを生じており、安定味や硬い馬場での決め手は今一つ。そのかわり、強調された祖母のキーホースはしっかり押さえられており、平均ペースや少し時計を要する芝でのしぶとさは備わる。


by つきじ修治



メディア掲載情報
2023.04.26
『競馬王のPOG本 2023−2024』(ガイドワークス)が発売になりました。当事務所は巻末袋とじ「最終結論」コーナーを担当しています。

2023.04.24
『天才!のPOG青本 2023−2024』(メディアボーイ)が発売になりました。当事務所は「I理論で予見する! 新種牡馬を討究」コーナーを担当しています。



ペガサス・ビューロー(ペガサス血統研)のI理論評価基準


 ペガサス・ビューロー(ペガサス血統研)では、下記のとおりチェック項目を@〜Jに分類し、評価ランクを6段階で設定しています(なお、下部4項目は評価ランクに反映されない参考データです)。

@主導明確性
A位置・配置
B血の結合度
C血の集合力
D弱点・欠陥
E影響度バランス
F種類・数
G質・再現度
H流れ・統一性
Iスピード要素
Jスタミナ要素
----------------
■芝適性
■ダート適性
■日本適性
■成長力

 血統評価ランクの算定は、まず@〜Jの各項目を○、□、△で評価した上で、○=10ポイント、□=5ポイント、△=0ポイントとし、それらすべてのポイントを合計します。

評価ランクと合計ポイント(生産全馬の想定分布率)
Sランク= 80以上 (1%)
Aランク= 70〜75(6%)
Bランク= 60〜65(25%)
Cランク= 50〜55(40%)
Dランク= 40〜45(25%)
Eランク= 35以下 (3%)


≪近年の活躍馬の評価例≫

Ace Impact 牡
父Cracksman
母Absolutly Me/Anabaa Blue
評価ランク=
@主導明確性   ○
A位置・配置   △
B血の結合度   ○
C血の集合力   □
D弱点・欠陥   ○
E影響度バランス ○
F種類・数    □51
G質・再現度   ○
H流れ・統一性  □
Iスピード要素  ○
Jスタミナ要素  ○
-----------------------
■芝適性     ○
■ダート適性   □
■日本適性    △
■成長力     ○
距離適性=中〜長
《評価コメント》
 Northern Danzig5・5×4の系列ぐるみを主導として、これにNever Bendのスピード、Bustino〜Crepelloのスタミナをアシスト。生きている血の質は非常に高く、そして何より、Allegretta5×4(中間断絶)によりドイツ系など特殊な欧州系の血をまとめた点に妙味がある。近年の凱旋門賞馬の中でも特に優れた血統構成を示している。

イクイノックス 牡
父キタサンブラック
母シャトーブランシュ/キングヘイロー
評価ランク=
@主導明確性   ○
A位置・配置   □
B血の結合度   ○
C血の集合力   □
D弱点・欠陥   □
E影響度バランス □
F種類・数    □55
G質・再現度   ○
H流れ・統一性  □
Iスピード要素  □
Jスタミナ要素  □
-----------------------
■芝適性     ○
■ダート適性   □
■日本適性    △
■成長力     □
距離適性=中距離
《評価コメント》
 Halo4×4は中間断絶で影響力はやや弱く、全体をリードするのはNorthern Dancerクロスを伴うLyphard5・5×4。この主導は父の傾向を受け継ぐもので、さらにSir Ivor6×5の系列ぐるみによるスピード・スタミナアシストにも魅力がある。仕上げやすい内容ではないが、きっちり開花した際の意外性は十分に秘めている。