HOME  |  血統情報  |  クラブ馬簡易分析  |  I理論配合分析  |  種牡馬選定  |  繁殖牝馬診断  |  馬主登録

 

『Weekly 血統リポート』
      2024年6月13日号発売中!

【コンテンツ】
■2歳新馬・未勝利戦勝ち上がり馬(6月8日〜6月9日、6頭)の配合評価&9代分析表
■3歳未勝利戦勝ち上がり馬(6月8日〜6月9日、28頭)の配合評価(コメントは割愛)&9代分析表
■新種牡馬レビュー(ナダル)

価格=1,200円



 6月の2歳新馬戦開幕から日本ダービー開催までを1つのサイクルとして、毎週発行いたします。前週の2歳・3歳の新馬戦・未勝利戦勝ち馬評価と9代クロス馬分析表に加え、2歳・3歳特別レースが組まれている週には、その出走確定馬の配合評価一覧を収録します。

※6月以降の3歳未勝利戦勝ち馬については、短評を省略した評価データを掲載。また、3歳特別レースの評価掲載は日本ダービー開催週まで(3歳限定重賞レースは菊花賞まで)となります。

※変則開催の場合を除き、毎週木曜日の夜に販売を開始する予定です。
※商品内容や販売時期、価格等は変更になる可能性がありますので、ご了承ください。




新馬戦勝ち馬配合評価(簡易版)

コートアリシアン 牝
父サートゥルナーリア
母コートシャルマン/ハーツクライ
評価 B マ〜中 芝○ ダ□

サニーサルサ 牝
父マインドユアビスケッツ
母チカアレグレ/ハーツクライ
評価 C マ〜中 芝○ ダ○

ヒデノブルースカイ 牡
父ナダル
母ブロンシェダーム/ディープインパクト
評価 C マ〜中 芝○ ダ○

クロワデュノール 牡
父キタサンブラック
母ライジングクロス/Cape Cross
評価 B 中距離 芝○ ダ□

ポートデラメール 牝
父ナダル
母ジュベルアリ/ディープインパクト
評価 C マ〜中 芝○ ダ○

エメラヴィ 牝
父オルフェーヴル
母ショウナンワヒネ/シンボリクリスエス
評価 B 短〜中 芝○ ダ○
 



2歳・3歳重賞レース上位馬配合評価
(G1=5着、G2=3着、G3=2着まで)

東京優駿・G1・芝2400m

1着
ダノンデサイル 牡
父エピファネイア
母トップデサイル/Congrats
評価 B 中距離 芝○ ダ○
@○ A△ B□ C□ D○ E□ F□56 G□ H□ I□ J□ 日本適性□ 成長力□
Seattle Slew5×4は単一のため影響力は弱く、主導はRoberto4×5の系列ぐるみ。シンプルさに欠けることや、母内の米系比率が高くなっていることなどから、硬い馬場での瞬発力は不足。とはいえ、スピード・スタミナのバランスは良く、父系Kris S.への血の集合力も備わり、好調期に意外なしぶとさを発揮する可能性を秘める。

2着
ジャスティンミラノ 牡
父キズナ
母マーゴットディド/Exceed And Excel
評価 A 中距離 芝○ ダ□
@○ A□ B□ C○ D○ E□ F□57 G○ H□ I□ J□ 日本適性△ 成長力○
Northern Dancer5・6×4・5・5の系列ぐるみにより全体をリード。これにSir Ivor6×5の系列ぐるみが続き、主導の明確性や祖母内Shareef Dancerへの血の集合力を備えた点が見どころ。生きている血の傾向から、上位クラスでの瞬発力勝負にやや不安はあるが、生きている血の質は高く、好調期に長く良い脚を使えるタイプ。

3着
シンエンペラー 牡
父Siyouni
母Starlet's Sister/Galileo
評価 S 中〜長 芝○ ダ□
@○ A□ B□ C□ D○ E□ F○47 G○ H□ I□ J○ 日本適性△ 成長力○
Northern Dancer5・5×4・6・7・7の系列ぐるみを主導として、Mr. Prospector、Buckpasserなど米系スピード・スタミナをアシスト。「47」という少ないクロス馬で父母のキーホースがしっかり押さえられた点に妙味がある。硬い芝への適性に不安は残るが、凱旋門賞を制した全兄Sottsassの実績が示す通り優秀な配合馬。

4着
サンライズアース 牡
父レイデオロ
母シャンドランジュ/マンハッタンカフェ
評価 B 中距離 芝○ ダ□
@○ A△ B○ C□ D□ E□ F□53 G□ H□ I□ J□ 日本適性□ 成長力□
Northern Dancerクロスを伴うNureyev5×3を主導として、Hail to Reason6×5・6の系列ぐるみによりスピードをアシスト。全体のバランスは今一つでムラな面はありそうだが、主導の明確性や血の結合力を備えた点は魅力。同父産駒としては仕上げやすく、好調期に芝中距離戦で意外なしぶとさを発揮する可能性を秘める。

5着
レガレイラ 牝
父スワーヴリチャード
母ロカ/ハービンジャー
評価 B 中距離 芝○ ダ□
@□ A△ B□ C□ D○ E○ F□57 G○ H□ I□ J□ 日本適性△ 成長力□
サンデーサイレンス3×4(中間断絶)を呼び水として、Lyphard5×5・6、Hail to Reason5・8×6・8の系列ぐるみにより全体をリード。NijinskyやLe Fabuleuxのスタミナを補給。シンプルさを欠くため仕上げにくく、硬い馬場への対応もやや不安だが、血の質の良さは魅力。平均ペースや少し時計を要する芝中距離が合う。


葵ステークス・G3・芝1200m

1着
ピューロマジック 牝
父アジアエクスプレス
母メジェルダ/ディープインパクト
評価 C 短〜中 芝□ ダ○
@□ A□ B□ C□ D□ E□ F△66 G□ H□ I□ J□ 日本適性□ 成長力□
Storm Cat4×5、Deputy Minister5×4はともに単一で影響力は弱く、主導の明確性を備えられなかったことは惜しまれる。また、血の統一性に欠ける面もあり、母と比べると硬い馬場への対応力は今一つ。とはいえ、米系スピードの血の生かし方には妙味があり、好調期にダートや時計を要する芝で先行力を武器とした走りは可能。

2着
ペアポルックス 牡
父キンシャサノキセキ
母ミラクルアスク/ディープインパクト
評価 B 短〜マ 芝○ ダ□
@□ A□ B□ C□ D□ E○ F□52 G□ H□ I□ J□ 日本適性□ 成長力□
サンデーサイレンス3×3(単一)を呼び水として、Northern Dancerクロスを伴うLyphard4×5により全体をリード。影響度数値EEHBとバランス良くまとめられ、父母のキーホースもほぼ押さえられている。Lyphard主導型としてはスタミナ面に不安を残すが、好調期に芝短距離〜マイル戦でしぶとい走りが見込める。


by つきじ修治



メディア掲載情報
2024.04.24
『競馬王のPOG本 2024−2025』(ガイドワークス)が発売になりました。当事務所は巻末袋とじ「名人たちのオススメ10頭」コーナーを担当しています。

2024.04.22
『天才!のPOG青本 2024−2025』(メディアボーイ)が発売になりました。当事務所は「T理論で予見する!新種牡馬スカウティング・レポート24」コーナー他を担当しています。



ペガサス・ビューロー(ペガサス血統研)のI理論評価基準


 ペガサス・ビューロー(ペガサス血統研)では、下記のとおりチェック項目を@〜Jに分類し、評価ランクを6段階で設定しています(なお、下部4項目は評価ランクに反映されない参考データです)。

@主導明確性
A位置・配置
B血の結合度
C血の集合力
D弱点・欠陥
E影響度バランス
F種類・数
G質・再現度
H流れ・統一性
Iスピード要素
Jスタミナ要素
----------------
■芝適性
■ダート適性
■日本適性
■成長力

 血統評価ランクの算定は、まず@〜Jの各項目を○、□、△で評価した上で、○=10ポイント、□=5ポイント、△=0ポイントとし、それらすべてのポイントを合計します。

評価ランクと合計ポイント(生産全馬の想定分布率)
Sランク= 80以上 (1%)
Aランク= 70〜75(6%)
Bランク= 60〜65(25%)
Cランク= 50〜55(40%)
Dランク= 40〜45(25%)
Eランク= 35以下 (3%)


≪近年の活躍馬の評価例≫

Ace Impact 牡
父Cracksman
母Absolutly Me/Anabaa Blue
評価ランク=
@主導明確性   ○
A位置・配置   △
B血の結合度   ○
C血の集合力   □
D弱点・欠陥   ○
E影響度バランス ○
F種類・数    □51
G質・再現度   ○
H流れ・統一性  □
Iスピード要素  ○
Jスタミナ要素  ○
-----------------------
■芝適性     ○
■ダート適性   □
■日本適性    △
■成長力     ○
距離適性=中〜長
《評価コメント》
 Northern Danzig5・5×4の系列ぐるみを主導として、これにNever Bendのスピード、Bustino〜Crepelloのスタミナをアシスト。生きている血の質は非常に高く、そして何より、Allegretta5×4(中間断絶)によりドイツ系など特殊な欧州系の血をまとめた点に妙味がある。近年の凱旋門賞馬の中でも特に優れた血統構成を示している。

イクイノックス 牡
父キタサンブラック
母シャトーブランシュ/キングヘイロー
評価ランク=
@主導明確性   ○
A位置・配置   □
B血の結合度   ○
C血の集合力   □
D弱点・欠陥   □
E影響度バランス □
F種類・数    □55
G質・再現度   ○
H流れ・統一性  □
Iスピード要素  □
Jスタミナ要素  □
-----------------------
■芝適性     ○
■ダート適性   □
■日本適性    △
■成長力     □
距離適性=中距離
《評価コメント》
 Halo4×4は中間断絶で影響力はやや弱く、全体をリードするのはNorthern Dancerクロスを伴うLyphard5・5×4。この主導は父の傾向を受け継ぐもので、さらにSir Ivor6×5の系列ぐるみによるスピード・スタミナアシストにも魅力がある。仕上げやすい内容ではないが、きっちり開花した際の意外性は十分に秘めている。